Apitore -API Store-

大学関係者の方へ

大学における研究活動の問題

大学の本分は『研究』と『教育』です。 自身の研究技術により社会貢献をしたいとは思っていても、 そこまで手が回らない実情があります。 例えば、Github上で研究技術のソースコードを公開する場合、 「ソースコードを整備する」 「インストールマニュアルを書く」 などの作業が必要です。 プログラムがうまく動作しなかった場合は問い合わせが来るので、 その対応も必要になります。 企業であれば分業体制で 「開発」「品質保証」「サポート」 を提供できますが、大学にはありません。 このように、 研究技術を公開するためには研究以外の多くの作業が必要となり、 研究者にとっての負担が大きく、手が回らない実情があります。

研究技術の公開をサポートする

Apitoreは、研究技術をWeb APIにして公開します。 Apitoreを利用することで、 「(バグを除く)品質保証」と「サポート」の課題が解決します。 ソースコード/ライブラリ/実行ファイルをアップロードするだけで、 研究技術を誰でも簡単にスケーラブルなWeb APIを公開できます。 研究技術を公開することで、 「自分の研究が世の中でどう役に立つかを知る」 「自分以外の誰かの手によって社会貢献が実現される」 などのフィードバックが得られます。 このように、Apitoreは大学の研究技術の社会貢献/利活用を支援し、 大学機関が『研究』と『教育』へ注力できるよう支援します。

研究者コミュニティを活性化する

研究技術の公開が当たり前になれば、 従来研究と自身の研究の比較が容易になります。 現在、学会等で学術論文は公開されていますが、 実装やモデル、評価データはほとんど公開されていません。 これまでは研究者自身で従来研究の実装をしました。 しかし、論文は細部が書かれていないことも多く、 論文から従来研究を完璧に再現することは非常に困難です。 我々は、正確に技術の検証や比較ができない現在の状況は、 研究技術の発展を阻害していると考えています。 Apitoreは、研究技術の公開を当たり前にし、 研究技術が切磋琢磨できる環境の実現を目指しています。

利用料金

App StoreやGoogle Playと同様のビジネスモデルです。 無料で公開するAPIについては、サーバー代だけお支払いください。 詳細はこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

APIの公開については現在個別に対応しています。 ご興味がある方は、下記フォームにてメールアドレスをご登録いただければ、 Apitoreから各種情報をお送り致します。 もしくはお問い合わせフォームにてご質問下さい。
  • © 2018 Apitore, Inc.
  • 利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 使い方
  • 料金
  • Apitoreについて
  • ブログ
  • イベント情報
  • Twitter
  • Facebook
  • お問い合わせ