Apitore -API Store-

Apitoreの使命は、世界中の情報科学技術を集約し、整理し、利用できるようにすることです。

創業者の想い

なぜ研究技術は誰もが使える形で公開されていないのでしょうか? 学会誌等で学術論文は入手できますが、実装はほとんど公開されていません。 私は長年研究者としてキャリアを積んでいますが、 自分の研究をもっと広く伝えたいし、誰かの役に立てたいと思っています。 しかし、様々な理由により自分の研究を使える形で世の中に公開することができませんでした。 Apitoreは、情報科学分野の遊休資産/研究技術の公開を支援し、 世界中の人たちとワイガヤしながら研究技術を深化していく、 あるいは世の中の役に立てるビジネスを創っていく、 そういう場を作るために設立しました。

研究にまつわる問題

現在、企業や大学には多くの情報科学研究技術が存在しますが、 そのほとんどが公開されていません。 理由は色々とありますが、主に以下のいずれかに分類できます。

  1. 経営層は、 研究技術の使い道は分からないが、 将来的に活用して利益を独占したいと思っている
  2. 研究者は、 研究技術が人の役に立つことを説明はできるが、 自分の手で人の役に立てようとは思っていない

このため、例えば経営層が研究技術の活用を求めても、 主体的に事業化を進められる研究者が居ないためうまくいきません。 また、例えば研究者が研究技術の公開をしたいと思っても、 利益が不明確・不確定であるため経営層の許可を得られません。 Apitoreはこの「研究技術がうまく活用できない」問題に取り組みます。

情報科学分野の研究技術/研究者の利用機会を最大化する

研究技術は使わなければ、公開されなければ、 利益も価値も生むことはありえません。 Apitoreは、 研究技術のWeb API化を支援して、 研究技術が利用できない(ゼロ)状態から、 研究技術を利用できる(ゼロではない)状態にします。 Apitoreは、 研究技術および研究者の利用機会を最大化し、 研究技術の公開に伴う手間とリスクを最小化する、 3つの特徴があります。

マーケットプレイス

market place

Apitoreは、洗練されたUI/UXにより、 研究技術/WebAPIが集約され、整理され、 利用しやすい環境を提供しています。 従量課金モデルのため、 利用者が気軽に研究技術を試行錯誤できます。

統一的なUI/UX

swagger

ApitoreのWeb APIの仕様書は全て OpenAPI Specification (旧swagger)に準拠しており、 利用者にとってAPIの利用方法が分かりやすいUI/UXになっています。 また、全てのAPIはOauth2.0に準拠したアクセストークンのみが必要であり、 従来のようにAPI提供各社それぞれに合わせた認証は不要です。

記名/匿名でのAPI公開

Apitoreでは、APIの公開は記名/匿名を選べるようになっています。 匿名でのAPI公開により、 企業の研究技術公開におけるリスクの最小化を実現しています。 匿名化により、例えば 「品質(性能・速度)が低いことによる自社のブランドイメージの低下を回避する」 「競合に対して自社の重点または保有技術を知られることなく技術検証をする」 などの効果が得られます。 また、複数社で秘蔵研究技術を持ち寄った合同ハッカソンを実施する際には、 技術を匿名化することでブランドイメージによるバイアスを廃し、 利用機会を均一化したり正確なレビューを獲得したりできます。

Apitoreを支える技術

Google Cloud Platform

Apitoreは Google Cloud Platform 上で稼働しています。 Googleの持つ世界最大のネットワーク、強力な冗長性、 最新のインフラ技術を利用しています。

Spring

ApitoreのバックエンドはJavaで、 SpringのOSSを多く利用しています。 APIの認証は最新のOAuth2.0に準拠しています。 NetflixのOSSによりマイクロサービス化をしているため、 安定かつスケーラブルな運用を実現しています。

完全SSL対応

Apitoreの通信は全てSSL(https)で保護されています。 SSL証明書は WORDPRESSも採用した Let's Encryptを利用しています。 Apitoreは Qualys SSL Report で評価A+を獲得しています。

チーム

Keigo Hattori
Apitore代表、創業者。東北大学卒、情報工学修士。 大手複合機メーカーで機械学習系の研究職として勤務。 自然言語処理および画像処理が専門。 Startup Weekend Tokyo Techで準優勝し、Apitoreを立ち上げる。

Special Thanks

O.S
アドバイザー&メンター。元起業家で、現在は某大学特任准教授。

Reiko Terakawa
Apitoreのロゴを書いてくださいました!

  • © 2017 Apitore, Inc.
  • 利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 使い方
  • 料金
  • Apitoreについて
  • ブログ
  • Twitter
  • Facebook
  • お問い合わせ